手彫りと機械彫りの違い

HOME » 印鑑を作る前に » 手彫りと機械彫りの違い

手彫りと機械彫りの違い

印鑑をつくるにあたり、「手彫り」と「機械彫り」があることはご存知でしょうか?
多くの印鑑は、主に4種類の彫刻方法で分類されます。
「完全機械彫り」「機械文字手仕上げ」「手書き文字手仕上げ」「完全手彫り」です。

作業工程としては、まず字入れ。
文字のデザインですが、「完全機械掘り」「機械文字手仕上げ」はパソコンのフォントでレイアウトします。
「手書き文字手仕上げ」では倍寸で文字を手書き。
「完全手彫り」の場合は、印材に直接鏡文字を書き入れます。

次はあら彫り。
文字以外の部分を掘り下げる作業では、「完全機械彫り」「機械文字手仕上げ」「手書き文字手仕上げ」では自動彫刻機で彫刻します。
そして「完全手彫り」は、文字通り手で彫る根気のいる作業です。
外枠や細部を修正する仕上げは、「完全機械掘り」にはこの作業工程はありません。
「機械文字手仕上げ」「手書き文字手仕上げ」「完全手彫り」については、外枠を細く削り、文字の形を整えていきます。

そして完成。
「完全機械掘り」は、彫刻システムさえあれば誰にでもできます。
「機械文字手仕上げ」は、手仕上げすることで変化をつけられます。
「手書き文字手仕上げ」は手書き文字なので、出来上がりは「完全手彫り」とあまり変わりません。
そして「完全手彫り」、これは技術を学んだ職人にしか出来ません。

では、手彫りと機械掘りにはどんなメリット、デメリットがあるのでしょうか。
手彫りのメリットとしては、やはり、全く同じ印鑑は存在しないことです。
そして丈夫に彫刻をするので、枠などの欠けがほとんどありません。
手書き文字でデザイン性にも優れ、自分の要望通りにできることも見逃せません。
逆にデメリットとしては、コストと、製作に時間がかかることです。

一方、機械掘りのメリットは、コストがかからないので、安くでき、製作に時間も要しないこと。
手彫りのデメリットの逆のことが言えます。
デメリットは、パソコンの文字を使用するため、同じような印鑑がたくさん出回る可能性があること。
また仕上げをしないので、外枠が太い割に欠けるなどの心配もあります。

このような特長をよくわかった上で、用途に見合う印鑑の彫り方を選ぶ必要がありますね。

印鑑を作る前に | 10月12日更新