印鑑と実印の違いとは

HOME » 印鑑を作る前に » 印鑑と実印の違いとは

印鑑と実印の違いとは

印鑑の種類には、実印、銀行印と認印、そしてシャチハタとあります。
では実印は、他の印鑑とどう違うのでしょうか。
実印とは何かを考えてみましょう。

実印とは法的な効力を持つ印鑑です。
お住まいの、住民登録をしていらっしゃる市区町村の役所で、印鑑登録をしてはじめて、その印鑑の、実印としての法的効力を持つことになります。
そして実印と印鑑証明書があれば、第三者がだれでも自分になりすますこともできるのです。
とても危険かつ、重要な印鑑、それが実印なのです。
実印は、他の印鑑と違い、法律上、社会上の権利や義務の発生を伴う印鑑になります。
では、どのような場面で使用するのでしょうか。

一般的な用途として、マンションや一戸建て、土地などの不動産購入や売却時、住宅ローンを契約するときです。
また、自動車の購入や売却、廃車にするときも必要になります。
その他では、遺産相続をするときや、生命保険、自動車保険などに加入するとき、そしてその保険金を受け取るときなど、高額な金銭取り引きがある場合です。
また、公正証書の作成、金銭その他貸借証書、契約書や会社の設立時の申請書類など、その書類の信頼性が重要な場合にも、実印は使用されます。
そして、年金の受け取り時などの本人確認が重要な場合としても使用します。
実印と印鑑証明書があれば、これらの大きな金銭や権利に関する契約を結ぶことができため、その管理も重要で、そして実印を持つことに責任も伴ってくるのです。

以上のような実印の重要性をわかった上で、100円ショップや文房具店などで手に入る、機械で大量生産されたようないわゆる三文判で、実印登録をしようと思う人は少ないでしょう。
もちろん、実印としての登録は可能ですが、大量に世の中に出回っている可能性がある印鑑では、偽造などのリスクが非常に高くなります。
実印とは、他の印鑑とは違う、自分の権利や財産に関わる非常に重要な印鑑として、管理には十分な細心の注意を払い、紛失や盗難に気をつけましょう。

詳しくは「印鑑の作り方・使い方総合情報サイト」参照

印鑑を作る前に | 10月03日更新