書体で印象はまったく変わる

HOME » 印鑑を作る前に » 書体で印象はまったく変わる

書体で印象はまったく変わる

印鑑をつくるにあたり、とても大切な書体。
この書体にはいろいろな種類があるとともに、実印に適したものや、男性、女性におすすめのものなどいろいろあります。
書類などに捺印した際に、どこか誇らしく感じられものを、特に実印の書体には選びたいですね。
一度押された印影は取り消すことができませんから。
ではどんな書体がよいでしょうか?

よく実印におすすめされているのに「篆書体(てんしょたい)」があります。
漢字は難しいですが、実は身近にある書体で、お札に捺されている書体になります。
象形文字から生まれたといわれる紀元前200年頃に誕生した古い書体でもあり、風格のある印影が人気で、実印に適していると言われています。

また、印鑑の枠を太く作成した「太枠篆書体(ふとわくてんしょたい)」。
落とした際に枠が欠けてしまうことを防ぎます。
そして篆書体(てんしょたい)と比較すると少し軽やかなイメージがありますので、利用者も特に女性に多いです。

篆書体(てんしょたい)をベースにしてデザイン化された書体で「印相体(いんそうたい)」というのがあります。
枠に文字が接しているため、太枠篆書体(ふとわくてんしょたい)同様、枠が欠けにくいという利点と複雑な印影のため偽造がされにくく、実印に向く書体です。

このように、実印は印鑑の中でも一番大切。
勝手に偽造されて使われたら大変です。
ですから、実印の書体は見てすぐ何が彫られているのか、読み取りにくい書体を使うのが基本です。

では銀行印はどうでしょう。
銀行印は、比較的読みやすい書体が一般的でした。
しかし最近では防犯上の目的で、印影の複雑な書体で作成されることが多いです。
パッと見では判読できないのでセキュリティの観点からみても安心な書体が有効です。

また、実印のところでも説明しました「印相体(いんそうたい)」。
これは別名「吉相体(きっそうたい)」とも言い、開運書体としても扱われています。
縁起をかついで銀行印に用いることも多いようです。

印鑑を作る前に | 09月17日更新