サイズも色々選べる

HOME » 印鑑を作る前に » サイズも色々選べる

サイズも色々選べる

印鑑の大きさを考えたことはありますか?
色々な大きさ、サイズがあることは何となくおわかりでしょう。
では、一般的にどのサイズが実印や銀行印に適しているのか?
間違いのないサイズの選び方を考えて行きましょう。

印鑑のサイズとは、印面の直径を指します。
それぞれのサイズは個人の好みにもよるのですが、印鑑の素材と同様、印鑑が自分の判断材料にされるときもありますので、特に実印はより太く重々しいものがよいでしょう。
既にお持ちの実印、銀行印の太さとも比較し、区別のしやすいサイズを選びましょう。

印鑑の直径は、大体1.5mm刻みの大きさでつくられています。
小さいもので10.5mmのサイズから大きいもので18mmのサイズまで、一般的には6種類ほどがあります。
実印としてよく使われる印鑑のサイズは、直径が15〜18mmのもの。
個人用としては最も大きいサイズとされています。
女性は13.5〜15.0mm 、男性は男性16.5〜18.0mmでフルネーム彫刻をします。

性別による大きさの違い。
これには、女性の手の大きさが男性に比べて小さいという人が多いので、使いやすいとされる意味で小さめが好まれます。
そしてもうひとつ理由があります。
それは、ご夫婦において、奥様がご主人より大きいサイズの実印をつくった場合、奥様の力や運が強くなってしまい、家庭に不幸が訪れるという「後家の相」を言われています。
このような理由などがありますが、実印は、銀行印、認印よりも大きいサイズで作る、16.5mm前後がおすすめということだけ押さえておくといいでしょう。
ちなみに、印鑑は長さに関する規定はありません。
印鑑の印影のみを実印では登録をするので、自分の手の大きさに合った長さを選んでください。

銀行印についても、実印同様重要な印鑑。
しかし使用用途が違うため比較できるものでもありませんが、サイズに関して言えば、実印より一回り小さくつくることが一般的です。
そして認印については、銀行印よりさらに一回り小さいサイズでつくることがおすすめされています。

印鑑を作る前に | 09月09日更新