印鑑を作る目的とは

HOME » 印鑑を作る前に » 印鑑を作る目的とは

印鑑を作る目的とは

印鑑をつくったことや、購入したことはありますか?
どちらにしても使用する目的があるから手に入れようとすると思います。
ではどんな目的で、印鑑をつくるのでしょうか?

印鑑には、「実印」「銀行印」「認印」など種類はいろいろあります。
100円ショップなどで購入できるものから、朱肉を使わなくても押印できるシャチハタと言われるもの、そして高額で高級な印鑑まで、金額も様々です。
いろいろな種類の印鑑。
ではどのようなところで使うのでしょうか?
そしてその目的は何でしょうか?

まず「実印」。
必要になるのは、例えば自動車を購入するとき。
自分の名義に登録するときや名義の変更、また自動車を売却をするときや廃車にするときも必要になります。
次に住宅の新築や購入、住宅ローンの申し込みにも必要です。
あとは、生命保険や自動車保険などの保険の契約や相続の手続き、保険金の受け取りなど、大きなお金が動いたり、大事な契約が行われるときには必須になります。

「実印」は、自分の住む市区町村で印鑑登録を行います。
そして承認を受けたら印鑑証明も発行することができ、印鑑証明と実印を持つことで、第三者に対しても「本人である証明」の信用度を高めることができるのです。
印鑑をつくるのには、このような自分自身の信用度を確認するのためにも役立つという目的でつくることも有効でしょう。

また「銀行印」ですが、こちらも銀行などの金融機関と取引する場合には、必要になりますので、準備をしなくてはいけません。
預貯金口座開設や金銭の出納に使用します。
複数の口座開設が必要な場合は、その口座ごとに銀行印を使い分ける人もいらっしゃるでしょう。
取り引きする銀行の数、開設する口座の数、それぞれ見分けられるように印鑑をつくることもいいかもしれません。
その場合は間違えにくいように、たとえば、銀行ごとで印鑑を色分けするとか、口座ごとで印鑑の字体を変えるとか。
銀行印を個人の感覚で使い分けるためにつくるという目的もいいかもしれませんね。

印鑑を作る前に | 09月09日更新