用途に合った素材を選ぶ

HOME » 印鑑を作る前に » 用途に合った素材を選ぶ

用途に合った素材を選ぶ

印鑑をつくるとき、ほとんどの人が悩まれるのが、印鑑の素材選びと言われています。
印鑑をつくる素材のことを「印材」と言いますが、その印材には、木材系、角や牙系、金属や樹脂系などがあります。

では、実印にはどんな素材を選んだらよいのでしょうか?
実印は一生ものです。
また自分自信の信用度にもつながってきますので、どうせつくるのなら、良い素材でつくっておきたいと思いませんか。

一般的な実印の素材としてよく選ばれるのは、「象牙」です。
印材の王道としても知られており、使うほどに深い美しさを帯びる最高級の素材。
朱肉のなじみに優れており、捺印のしやすさも最高です。

木材系の一般的な印鑑として、広く愛用されているものに「薩摩本柘」があります。
長い間使用してもあまり変化しない、品質がいいことが特徴。
また使用するほどに愛着が増すという魅力もあります。

また最近、印鑑の素材としてよく見かけるようになった「チタン」。
チタンには、複雑な文字の彫刻をすることが難しいとされていました。
しかしそれはひと昔前の話。
技術的進化を遂げ、印鑑の世界にも登場です。
シンプルでスタイリッシュな見た目は、今までの印鑑にはない魅力。
強度や耐久性に優れるチタンの性質は、実印にとって欠かせない素材として最適でしょう。

では銀行印に適した印材にはどんなものがあるのでしょうか。
銀行印は、あまり頻繁に使うものではありません。
銀行で口座を開設するときや、解約するときくらいの限られた用途で使用します。
そのため、あまり買い替えることもなく、長い間使える耐久性を考慮した素材を選ぶことをおすすめします。
また、銀行印は自分の資産を守るために非常に重要な印鑑。
安全上のことも考え、複製されにくい、手彫りの可能な印材が適しています。

結局は、銀行印も実印と同様重要な印鑑には間違いないのですから、丈夫な素材で破損や欠けたりしないものであること。大量生産のものではなく実印や銀行印としてつくられたものを使用するのが良いでしょう。

印鑑を作る前に | 09月09日更新