印鑑の種類を押さえよう

HOME » 印鑑を作る前に » 印鑑の種類を押さえよう

印鑑の種類を押さえよう

あなたは自分の印鑑を何種類くらい持っていますか?
また何種類くらい持っているといいと思いますか?
その種類、明確に言えないとしても、ある程度の年齢になると必然的にわかってきます。
特に、社会人になると数種類は持っているものでしょう。

ではどれくらいの種類が必要なのでしょうか?
最低でも3種類は必要と言われています。
「実印」「銀行印」そして「認印」。
全てをひとつの印鑑でまかなっているなんてことはありませんか?
何事もひとつの印鑑で済ませれば、使い分けもなく管理も楽ですが、安全上はよくありません。
種類によって印鑑を用意していただくことをおすすめします。

ではまず「実印」ですが、これは印鑑の中でも最も重要な印鑑で、お住まいの市区町村の役所にあらかじめ印鑑登録をしておく必要があります。
自動車の登録や不動産の取引、公正証書の作成などに使用。
自分の象徴にもなり、品位を高めるとともに信用もあらわす印章ですので、一生使える逸品がいいですね。

次の「銀行印」。
これはその名のとおり、銀行などで預貯金口座開設、定期預金・普通預金・振替預金・郵便預金等の金銭関係に使用するときの印鑑です。
複数の口座開設をする場合も、ひとつの印鑑で済ませている人がいらっしゃいます。
でもその場合に困るのが、その印鑑を紛失したとき。
全ての口座で印鑑の変更をしなくてはいけなくなります。
ではそのリスク回避として、口座ごとに印鑑を使い分けるかということになりますが、通帳に銀行印の印影がなくなりましたね。
これでどの口座にどの銀行印を使用したか、忘れてしまうことも結構ありますので注意が必要です。

そして「認印」です。
これは日常生活で一番活躍する印鑑でもあります。
例えば、郵便や宅配便の受け取りのときや書類確認のときの捺印。
印鑑が必要なときに「認めいいですよ!」などよく耳にします。
実印や銀行印などとは違い、印鑑の登録は必要ありませんが、やはり責任は伴いますので、捺印のときにはしっかり内容確認をした上で使用しましょう。

印鑑を作る前に | 09月09日更新